奥様にばれない様に借金返済をする方法

本日は結婚をしていてしかも借金がある方向けのお話しになります。

 

もしあなたに借金があるまま結婚をしたら、出来るだけばれたくないですよね?

 

ばれてしまったらあなたへの信用が台無しになってしまいます。

スポンサーリンク

これを回避する一番の方法はあなたが家計のやり繰りを行う実権を握る事です。

 

例えば、この記事を読んでいるのが女性の方でしたらそれはやり易いでしょう。

 

何故なら、一般的に家計のやり繰りは女性が行う事が多いからです。

 

もし、旦那様が行うと言った時は、私がやるから大丈夫だよと甘えてすり寄れば多分大丈夫でしょう。

 

また、逆の場合、男性の方に借金がある場合は、「会社の近くに銀行があるし、営業だから僕がやった方が時間の都合がつくよ」と、頑張って奥様を説得する必要があります。

最終手段は口座を分ける

ただし、これが出来ない場合は裏技があります。

 

それは相手は貴方に借金がある事を知らない訳ですので、銀行に引き落とされる光熱費やその他の最低限のお金しか残さず、他のお金は相手と話し合って別口座に貯金をするか、全額引き出してお財布に入れておくかにします。

 

そうすると借金の引き落とされる日に残高不足になりますよね。

 

これがポイントなのです。

 

大体のキャッシング会社は銀行の引き落とされた日から2〜3日後にならないと引き落とされたかの確認が取れません。

 

ですのでその間にキャッシング会社の口座に直接振り込む事で、解決されます。

 

奥様にばれない様に借金返済をする方法関連ページ

政治家も実は借金している
選挙活動をするために、国からお金を支給されるですが、ポスターを作成したり選挙カーを走らせて自分をアピールするには国からのお金だけだとやっていけない事もあります。
家から一歩も出ずにお金が借りれるのが今どきのキャッシング
IT技術が発達した現在、キャッシングもパソコンから一歩も離れずに、コーヒーを飲みながら両手の操作だけで、全て完了する時代になっています。
お金がない時には親孝行・・・
私は、一人暮らしのアパート暮らしですが、お金がなくなったら親孝行するようにしています。これは元気な息子の顔(私)を両親に見せに行く代わりに夕食をいただくということです。