過払い金請求の費用

手続の方法によって過払い金請求の費用も異なります。

 

過払い金請求では収入印紙代、切手代が必ずいります。

 

裁判を起こすのであれば訴状が必要になりますが、訴状には収入印紙が必要です。

スポンサーリンク

この費用は返還を求める金額100万円につき1万円となります。

 

また調停の場合は半額となります。

 

さらに裁判または調停の場合は切手も必要です。

 

場合によって異なるのですが、郵便切手は6400円分必要となります。

 

調停の場合は業者の数だけ、2500円分の切手を用意しなければなりません。

 

切手は郵送に必要となり、不足すれば追加、余れば返還となります。

 

過払い金請求をした場合、その業者の代表者時候証明書を添付しますので、法務局で1000円を用意して取得します。

 

他にもコピー代、交通費がかかります。

 

これらは自分で請求した場合の費用ですが、プロに頼んだ場合は弁護士費用や司法書士への依頼料や報酬などが発生します。

 

過払い金請求の際、必要な経費として参考にしてください。

 

過払い金請求の費用関連ページ

過払い金請求が長引いたら
過払い金請求の訴訟、調停などは通常なら2〜3ヶ月で終わりますが、時には半年くらいかかることもあります。
過払い金とグレーゾーン・みなし弁済
グレーゾーンは出資法と利息制限法で設けられた上限利息の間のことをいいます。どちらも過払い金に関係する法律で、金利の上限について書かれている法律です。
過払い金返還についての疑問とおまとめローン
返済をすこしでも減らしたいために過払い金請求をすることもありますが、借りている先が1つではないのなら、おまとめローンという方法もあります。