過払い金とグレーゾーン

利息制限法と出資法を聞いたことがあるでしょうか。

 

どちらも過払い金に関係する法律で、金利の上限について書かれている法律です。

 

消費者金融は出資法で定められた上限利息の29.2%に近い金利を設けています。

スポンサーリンク

利息制限法を守る業者は数少ないです。

 

過払い金ではグレーゾーンという言葉がよく使われます。

 

グレーゾーンは出資法と利息制限法で設けられた上限利息の間のことをいいます。

 

利息制限法では10万円未満は20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上は15%と定められています。

 

出資法は29.2%ですので、上限に大きな差があるのです。

 

法律上では利息制限法では違法となっていますが、出資法では違法とはならないのです。

 

つまり、矛盾が生じているのです。

 

ではなぜ貸金業者は出資法に準じているのかというと、利息制限法に罰則が無いからです。

 

つまり、罰則の無い利息制限法を破っても、業者には痛くもかゆくも無いのです。

 

このグレーゾーンは過払い金を考える際には重要になりますから、きちんと理解しておきましょう。

過払い金とみなし弁済

過払い請求に携わっていると、みなし弁済という言葉もよく聞かれることでしょう。

 

みなし弁済についてみてみましょう。

 

利息制限法では、決められた利息以上の利息は取ることができません。

 

ですが実際はグレーゾーンがあるために出資法の上限に近い利息を設定している業者が多いのです。

 

過払い金があることが分かり、返還するために手続を行っていたとしても、みなし弁済によって申し立てが無効であるという業者があります。

 

このみなし弁済が認められると、過払い金は戻ってきません。

 

みなし弁済は、利息制限法によって定められた利息の上限を超えても合法となるのです。

 

これは大変な痛手です。

 

ですがみなし弁済には厳しい条件がつけられています。

 

まず、登録された貸金業者であることです。

 

それから貸付の際に法廷の契約書が交付されていることです。

 

また弁済のたびに受領書を交付していなければなりません。

 

そして利息や損害金として支払われていることが必要です。

 

最後に任意の支払であることです。

 

条件は厳しいために、みなし弁済が認められることは少ないようです。

 

ですがみなし弁済は過払い金請求の際妨げとなりますから、知識の中に入れておきましょう。

 

過払い金とグレーゾーン・みなし弁済関連ページ

過払い金請求の費用
手続の方法によって過払い金請求の費用も異なります。過払い金請求では収入印紙代、切手代が必ず必要となります。
過払い金請求が長引いたら
過払い金請求の訴訟、調停などは通常なら2〜3ヶ月で終わりますが、時には半年くらいかかることもあります。
過払い金返還についての疑問とおまとめローン
返済をすこしでも減らしたいために過払い金請求をすることもありますが、借りている先が1つではないのなら、おまとめローンという方法もあります。