過払い金返還についての疑問

過払い金請求に対しての不安や疑問等のはどうしても出てくるものです。

 

たとえば一度和解した後に、また過払い金請求をすることはできるのでしょうか。

 

答えはYesです。

スポンサーリンク

一度和解したからと言って、請求できないとは決められていないのです。

 

過払い金があることが判明すれば、再度請求することはできるのです。

 

疑問があるようなら再確認をシ、請求交渉してください。

 

和解成立後は取り下げをします。

 

貸金業者の同意が必要となりますので、貸金業者に和解初と取り下げ書を送ります。

 

それに記入してもらい、裁判所に提出するのです。

 

また、過払い金を請求してもブラックリストに載るという心配はそれほどいりません。

 

債務整理としての過払い金請求なら載る可能性はありますが、完済している場合は確率は低くなります。

 

また過払い金が戻らないこともあります。

 

グレーゾーン撤廃の決定、過払い金の返還、貸し倒れなどによって経営が悪化している消費者金融では、民事再生の申し立てを行う業者もあります。

 

過払い金がカットされるなど、返還が難しくなることもありますので、消費者金融の現状も踏まえながら手続を進めましょう。

過払い金とおまとめローン

返済中の人の中にも過払い金請求をしたい人は多いかと思います。

 

返済をすこしでも減らしたいために過払い金請求をすることもありますが、借りている先が1つではないのなら、おまとめローンという方法もあります。

 

過払い金請求かおまとめローンかは、よく考えて選択しましょう。

 

まずおまとめローンは、複数のローンを1本化することで借り換えできるようになります。

 

利息が高いときに借金を下場合は、利息が大きくなり、元金も中々減らないことが多いものです。

 

過払い金請求は、利息を引き直しすることで判明した、本来であれば払う必要の無かった利息を返してもらうことが出来ます。

 

過払い金が多い場合は借金がそれで終了することもあるのです。

 

どちらがいいのか悪いのかは、過払い金と利息を合わせて考えていく必要があります。

 

過払い金とおまとめローンをシミュレーションすると比較できますし、分かりやすいでしょう。

 

おまとめローンを利用して既に完済しているのなら、過払い金は確実に発生しています。

 

もし心当たりがあるなら、過払い金請求をして見ましょう。

 

過払い金が返ってくることも十分にありますから、今までの苦しみもなくなるのです。

 

過払い金返還についての疑問とおまとめローン関連ページ

過払い金請求の費用
手続の方法によって過払い金請求の費用も異なります。過払い金請求では収入印紙代、切手代が必ず必要となります。
過払い金請求が長引いたら
過払い金請求の訴訟、調停などは通常なら2〜3ヶ月で終わりますが、時には半年くらいかかることもあります。
過払い金とグレーゾーン・みなし弁済
グレーゾーンは出資法と利息制限法で設けられた上限利息の間のことをいいます。どちらも過払い金に関係する法律で、金利の上限について書かれている法律です。