過払い金返還請求訴訟と調停の違い

調査によって過払い金が判明し、訴訟と調停を起こすということは多いようです。

 

訴訟と調停とはどう違うのでしょうか。聞かれて説明できるでしょうか。

 

この2つの違いは、判決を下すか話し合いになるかということです。

スポンサーリンク

過払い金御返還請求訴訟が行われるのは裁判所です。

 

過払い金の金額によって種類も変わり、140万以上なら地方裁判所、それ以下なら簡易裁判所になります。

 

裁判のため、原告となる債務者と、消費者金融などの債権者の主張を聞き、裁判官が判決をくだします。

 

判決に不服があっても従わなければなりません。

 

ですが強制的に行われず、交渉が穏便にすすめば和解という結果もありえます。

 

過払い金返還請求が調停で行われるのは簡易裁判所での話し合いの場合です。

 

一方にでも不服があれば調停は成立せず、長い期間戦わなければなりません。

 

それを防ぐためにも弁護士や司法書士などに依頼するのがいいでしょう。

 

また訴訟と調停は費用にも違いがあります。

 

過払い金返還請求の申し立てには収入印紙が必要ですが、調停の場合は訴訟の半額になります。

 

このように、調停と訴訟にはちがいがあるのです。

過払い金と裁判所

裁判所は色々ありますが、科払い金の返還訴訟や調停の場合はどこに行けばいいのでしょうか。

 

訴訟の場合、140万円以下なら簡易裁判所となり、140万円以上なら地方裁判所になります。

 

また地方裁判所の場合、代理人となれるのは弁護士のみです。

 

もう一つの簡易裁判所は弁護士、司法書士、どちらでも可能です。

 

調停の場合はどのような場合でも簡易裁判所です。

 

また裁判所の場所は、過払い金返還請求訴訟の原告となる債務者の住所地管轄の裁判所となります。

 

消費者金融からもらう約款には、訴訟のときは消費者金融の本店所在地管轄の裁判所、とあるのですが、法律には定められていませんので無効となります。

 

つまり、過払い金返還請求は債務者の住所地管轄の裁判所でいいのです。

 

裁判になったときのために、あらかじめ自分の住所地管轄の裁判所を確認するといいでしょう。

 

過払い金返還請求訴訟と調停の違い関連ページ

過払い金とは
過払い金返還請求のために、まず自分がどれだけ返済をしてきたかを明らかにしなければなりません。 つまり、過払い金が発生しているかどうかを確かめる作業です。
消費者金融の過払いを返還
自力でやっては時間のかかる過払い金の計算や、手間のかかる消費者金融からの取引履歴の取り寄せも、弁護士に頼めば過払いの手続きはスムーズです。
過払い金請求の流れとモデルケース
過払い金は請求したからと言ってすぐに取り戻せるものでもありません。それなりに手続きがありますし、弁護士や行政書士らの力が必要なこともあります。
弁護士による無料相談
無料相談に小さな話をいくつも持ち込むのはちょっと、なんて時にはインターネット上から弁護士に相談できるサービスを利用してみるのはどうでしょう。
なぜ過払い金が発生するのか?
利息制限法では利息の上限は20%ほどなのですが、罰則がないためどこも守りませんでした。 過払い金はこのために起こるのです。
過払い金と開示請求
過払い金請求のためには、取引履歴開示請求書もしくは取引履歴開示依頼書を提出します。この開示は金融庁事務ガイドラインにより応じなければなりません。
過払い金請求を自分でする利点・欠点
過払い金の請求は自分でも行うことは出来ます。確かに専門知識もいりますし、一見難しいように思えるのですが、知識を身につければ自分でもできるのです。
過払い金請求をプロに依頼する
自分で過払い金請求することも出来ますが、それは高い専門知識も必要ですし、還ってくるはずの過払い金も還ってこないことが考えられます。
過払い金について相談する
過払い金について、無料相談している弁護士・司法書士事務所は少なくないので、まずは過払い金について相談してみるのが最善です。
弁護士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット
弁護士に過払い請求を依頼するメリットとデメリットをご存知でしょうか?取引明細の開示請求、引き直し計算、和解契約など、全て代理人となることが出来ますので、依頼することで、あなたの手間や時間も省くことができます。
司法書士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット
過払い金の請求を司法書士に依頼した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。司法書士は法律文章作成および登記に関する専門家です。