弁護士による無料相談

弁護士というと、あまり身近な存在に感じないかもしれません。

 

仕事で付き合いがある場合はまだしも、日常生活に弁護士が近い環境というのはあまり好ましいとは言えないでしょう。

 

法律関係のトラブルが生じているから弁護士が必要となるわけで、時には賠償なんて言葉が飛び出す可能性もあります。

スポンサーリンク

しかし、それでも頼りにせざるを得ない場面は訪れるものです。

 

弁護士に頼むという事でそれなりの費用は覚悟したいところですが、無料相談できる可能性があります。

 

あくまで弁護士への相談が無料という事ではあるものの、状況の方向性についてハッキリさせる事ができます。

 

弁護士に相談してみたい事があるけど事務所に足を運ぶほどの事では、という些細な問題を抱えた方は少なくないでしょう。

 

些細とは言え気になる問題に違いはなく、なんとかスッキリさせたい事もあります。

 

無料相談に小さな話をいくつも持ち込むのはちょっと、なんて時にはインターネット上から弁護士に相談できるサービスを利用してみるのはどうでしょう。

 

インターネットが全て匿名で行われる取引とは限らず、弁護士である事を公表して活動している方もいます。

 

そうした弁護士が集まった場所もあり、様々な無料相談が行われています。

 

確かにインターネットからなら、些細な問題でも弁護士の先生に無料相談が気軽に行えますね。

 

自分が相談するばかりでなく、過去に行われた弁護士と相談者との遣り取りから今の問題に対するヒントが見つかる可能性もあります。

 

ただ、そういった場合は全ての状況が同じという訳ではない事を踏まえる必要があり具体的な案については改めて弁護士に相談するのが良いでしょう。

過払い金請求を得意とする弁護士に相談しよう

弁護士は法律に関するエキスパートですが、その法律のなかでも得意とする分野をそれぞれ持っています。

 

無料相談を開いている場合、その弁護士の得意分野に関連している可能性が高いので参考にしてみると良いでしょう。

 

法律と十把一絡げにしても、まず民法と刑法とで大きく異なります。

 

極端に疎いという事はないかもしれませんが、扱う機会が少なければいかに弁護士でも確実性の高い答えは期待しにくいかもしれません。

 

無料相談だから答えも曖昧でいい、なんて事はありませんからね。

 

過払い金請求に力を入れて実績のある弁護士事務所に相談するようにしましょう。

 

弁護士による無料相談関連ページ

過払い金とは
過払い金返還請求のために、まず自分がどれだけ返済をしてきたかを明らかにしなければなりません。 つまり、過払い金が発生しているかどうかを確かめる作業です。
消費者金融の過払いを返還
自力でやっては時間のかかる過払い金の計算や、手間のかかる消費者金融からの取引履歴の取り寄せも、弁護士に頼めば過払いの手続きはスムーズです。
過払い金請求の流れとモデルケース
過払い金は請求したからと言ってすぐに取り戻せるものでもありません。それなりに手続きがありますし、弁護士や行政書士らの力が必要なこともあります。
なぜ過払い金が発生するのか?
利息制限法では利息の上限は20%ほどなのですが、罰則がないためどこも守りませんでした。 過払い金はこのために起こるのです。
過払い金と開示請求
過払い金請求のためには、取引履歴開示請求書もしくは取引履歴開示依頼書を提出します。この開示は金融庁事務ガイドラインにより応じなければなりません。
過払い金返還請求訴訟と調停の違い
調査によって過払い金が判明し、訴訟と調停を起こすということは多いようです。訴訟と調停とはどう違うのでしょうか。
過払い金請求を自分でする利点・欠点
過払い金の請求は自分でも行うことは出来ます。確かに専門知識もいりますし、一見難しいように思えるのですが、知識を身につければ自分でもできるのです。
過払い金請求をプロに依頼する
自分で過払い金請求することも出来ますが、それは高い専門知識も必要ですし、還ってくるはずの過払い金も還ってこないことが考えられます。
過払い金について相談する
過払い金について、無料相談している弁護士・司法書士事務所は少なくないので、まずは過払い金について相談してみるのが最善です。
弁護士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット
弁護士に過払い請求を依頼するメリットとデメリットをご存知でしょうか?取引明細の開示請求、引き直し計算、和解契約など、全て代理人となることが出来ますので、依頼することで、あなたの手間や時間も省くことができます。
司法書士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット
過払い金の請求を司法書士に依頼した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。司法書士は法律文章作成および登記に関する専門家です。