司法書士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット

過払い金の請求を司法書士に依頼した場合、どのようなメリットがあるでしょうか。

 

司法書士は法律文章作成および党規に関する専門家です。

 

ですからもちろんこれもメリットになるのですが、他にも

 

・消費者金融からの取立てがストップする
・過払い金に利子をつけて取り戻すこともできる
・弁護士よりも報酬が安く済む

 

ということがあげられます。

スポンサーリンク

弁護士にかかる費用と同じくらいかかることもありますが、探せば安く押さえられるところもあります。

 

ですがデメリットもあります。

 

・140万円以上の過払い金の場合は取扱できない

 

・法務大臣から認可されており、司法書士会から認定されていなければ受けられない

 

ということです。

 

141万円以上の過払い金の場合は弁護士しか取り扱うことは出来ません。

 

裁判所が違ってくるからです。

 

また誰でもできるわけでは有りませんから、司法書士に依頼する場合は対応がきちんとされている司法書士を選ぶようにしましょう。

過払い金請求の際に心掛けたい事

過払い金請求をする際は色々と心がけておきたいものです。

 

まず、過払い金は実際にあるのかどうかを調べなければなりません。

 

調べるには、返済をどの位しているのかをまず知る必要がありますので、消費者金融などに開示請求をします。

 

個人で請求しても開示してくれない場合もありますから、プロに頼んだほうがスムーズに行くでしょう。

 

そのためには信頼できるプロの弁護士や司法書士を探しておくことです。

 

もちろん自分で過払い金請求することも出来ますから、必ずしもプロの手を借りなければならないわけではありません。

 

ですがプロに頼んだほうが知識もありますので、スムーズに行くことは多いでしょう。

 

また書類も準備しなければなりません。

 

内容証明郵便、書留、FAXを使うことを忘れないようにしましょう。

 

また業者によっては過払い金だけではなく、訴訟の取り下げ、債務者が何も知らないことにつけこんで不利益な和解契約を締結しようとすることもあります。

 

交渉の際は書類などを確認し、毅然とした態度で臨みましょう。

 

司法書士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット関連ページ

過払い金とは
過払い金返還請求のために、まず自分がどれだけ返済をしてきたかを明らかにしなければなりません。 つまり、過払い金が発生しているかどうかを確かめる作業です。
消費者金融の過払いを返還
自力でやっては時間のかかる過払い金の計算や、手間のかかる消費者金融からの取引履歴の取り寄せも、弁護士に頼めば過払いの手続きはスムーズです。
過払い金請求の流れとモデルケース
過払い金は請求したからと言ってすぐに取り戻せるものでもありません。それなりに手続きがありますし、弁護士や行政書士らの力が必要なこともあります。
弁護士による無料相談
無料相談に小さな話をいくつも持ち込むのはちょっと、なんて時にはインターネット上から弁護士に相談できるサービスを利用してみるのはどうでしょう。
なぜ過払い金が発生するのか?
利息制限法では利息の上限は20%ほどなのですが、罰則がないためどこも守りませんでした。 過払い金はこのために起こるのです。
過払い金と開示請求
過払い金請求のためには、取引履歴開示請求書もしくは取引履歴開示依頼書を提出します。この開示は金融庁事務ガイドラインにより応じなければなりません。
過払い金返還請求訴訟と調停の違い
調査によって過払い金が判明し、訴訟と調停を起こすということは多いようです。訴訟と調停とはどう違うのでしょうか。
過払い金請求を自分でする利点・欠点
過払い金の請求は自分でも行うことは出来ます。確かに専門知識もいりますし、一見難しいように思えるのですが、知識を身につければ自分でもできるのです。
過払い金請求をプロに依頼する
自分で過払い金請求することも出来ますが、それは高い専門知識も必要ですし、還ってくるはずの過払い金も還ってこないことが考えられます。
過払い金について相談する
過払い金について、無料相談している弁護士・司法書士事務所は少なくないので、まずは過払い金について相談してみるのが最善です。
弁護士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット
弁護士に過払い請求を依頼するメリットとデメリットをご存知でしょうか?取引明細の開示請求、引き直し計算、和解契約など、全て代理人となることが出来ますので、依頼することで、あなたの手間や時間も省くことができます。