節約も大切だけれど

お財布の中にはもうお金がない!そんな経験をされたことをありませんか?

 

大学生の時にほんとにお金がなく、食べるのにも困った時期がありました。

 

お金がなさすぎて、学校に行くまでの地下鉄の定期券が買えなかったのです。

スポンサーリンク

片道12qを交通費をかけずに通学するには自転車しか選択肢がありませんでした。

 

というわけで、わたしはお金がなくなれば自転車で行ける範囲以外の場所には行かないことにしています。

 

お金がなければ、食料を買うことができません。

 

そこで困ったわたしは買い物は閉店30分前に行くことにしました。

 

おつとめ品等で普段の半額で食材を手にすることができるからです。

 

お金がピンチになると、わたしはスーパーに行く時間を閉店30分前に変えます。

 

しかし自転車もお買い物も節約であって、お金が増える訳ではありません。

 

生きていくのにはどうしてもお金が必要です。

 

わたしは、とりあえずお金を増やすために空いている時間はスポット派遣のアルバイトをしていました。

 

スポット派遣はなかなか仕事がもらえなかったりするのですが、派遣元に頻繁に何か仕事がないか聞いてみることで仕事をもらえたりします。

 

日払いのことが多かったので、この収入で何とか生き延びるというのがわたしのお金のない時の作戦です。

 

節約も大切だけれど関連ページ

お金が無い時にとる行動
お金の金額にもよりますが、金額が少額ならば、生活費を削って何とかします。食費を削れるなら、なるべく安い食材や、値引き品を買って支出を減らします。
お金がないとなったら節約を徹底します
私は収入が多くはないので、よくお金がない時があります。そんな時に私が取る行動と言えば、徹底的な節約です。
お金がない時にすること
お金、特に現金がないときは非常に困ります。そういう時に限って、現金での支払いが増えたり、現金でしか買えない店で買物をしなければならなかったりします。
最後の手段は宝探しです!
お金がないときにまずするのは食費を削ること。それでもダメなら、家の中でゲームやCD、DVDで意外なレアリティが付いているもの、宝探しを行います。
お金がない!
お金がなければないなりに生活するというのもまた、大人の知恵というものです。筆者の場合、ネット銀行に100円残っていれば、一縷の望みを馬券に託します。