モヤシが最終兵器

家族は3人、そのうち子供が1人だけでも、年々食べる量が増えて、我が家の経済状態では、食費の占める割合が多く年々苦しくなっている状況です。

 

お金がない時、それは給料日前1週間の食事に反映されます。そうはいっても、栄養面を気にしながら安くて飽きのこないおかずにしなくてはなりません。

 

そこで、もやしの出番です。我が家の近くのスーパーでは1袋18円なので、かなり経済的です。

スポンサーリンク

朝食では、卵+もやし炒めをコンソメ味or塩コショウ味orソース味、もしくはナムルを作りどんぶりでご飯にかけていただきます。

 

おやつも、もやしたっぷりの焼きそばやもやしうどんを。

 

夕食では、すきやきの割り下味のもやし+ゆで卵、ちょっと豪華にもやし+油揚げ、もやし+シーチキン炒めなど、どんな料理の邪魔もせず飽きずに食べる事ができます。

 

あとは常備しているジャガイモや玉ねぎと合わせれば、限りなく料理が作れるので、給料日前1週間は、魚や肉は少し我慢して何とかお腹が満腹になって、ある程度の栄養がとれるように気をつけています。

 

家族も、もやしが出始めると、「あ、金欠なんだな。」と理解してくれているので、文句も言わず食べてくれています。

 

消費税が上がる際に食品の元の値段も便乗して高くなってしまったので、益々食費も苦しくなり、これからもこの状態は続く事でしょう。

 

でもそんな状況でもモヤシで楽しく乗り切りたいと思います。

 

モヤシが最終兵器関連ページ

やはりお米に頼ります
まずお酒やタバコ、コーヒーなどの嗜好品は、寂しいですが少しの間お別れしましょう。大丈夫、またすぐに出会えます。
お金がないときは男のもやし料理!
手間はかかりません。もやしを茹でてポン酢をかけるだけ!これが馬鹿になりません。一袋丸々食べるというとかなりの満腹感になります。
飢え死にしないために(パンの耳)
50円の対価を支払うだけで、私は10日は生きてられます。パンの耳というのはどんな組み合わせにもマッチし、おまけにボリュームがあります。
食費と雑費を切り詰めます
中華そばとご飯をソースで炒め合わせて具のないなんちゃってそばめしを大量に作り、1食分ずつ冷凍しておいて、お弁当や休みの日の昼食などにも流用します。
お金がない時の過ごし方
給料日まであと1週間で財布の中はわずか1000円のみ。こんな時は、どう生活をすれば乗り切れるでしょう?私なりの節約術を紹介させていただきます。