飢え死にしないために

私がお金がないときに取る行動は、節約料理を作ることです。

 

家の近所に個人経営の小さなパン屋さんがあるのですが、そちらではパンの耳の袋詰め300gをタダで持ち帰ることができます。

 

パン屋さんのご主人とは顔見知りなので、300g程度なら気兼ねなく持ち帰らせてもらえるのですが、900g以上の持ち帰りは50円取られるようになりました。

スポンサーリンク

ところが50円の対価を支払うだけで、私は10日は生きてられます。

 

パンの耳というのはどんな組み合わせにもマッチし、おまけにボリュームがあります。

 

主に料理に使うのですが、例えば業務用スーパーで買い溜めしておいたコーンポタージュをパンの耳を浸し、粉チーズをふりかけてチンするとグラタンになります。

 

牛乳と『フルーチェ』を買っておくと、あっというまにスイーツのグラタンに様変わりします。

 

業務用スーパーで売っている激安の鶏挽き肉少量と、大量のちぎったパンの耳と混ぜて焼くと、ボリュームたっぷりのハンバーグが完成します。

 

パンの耳を入れることで鶏肉もジューシーになり、フワフワの食感を楽しむことができます。

 

また、小腹がすいておやつを食べたいときには油でカラッと揚げると、おいしいスティックになります。

 

このようにして給料日前を切り抜けています。

 

飢え死にしないために(パンの耳)関連ページ

やはりお米に頼ります
まずお酒やタバコ、コーヒーなどの嗜好品は、寂しいですが少しの間お別れしましょう。大丈夫、またすぐに出会えます。
お金がないときは男のもやし料理!
手間はかかりません。もやしを茹でてポン酢をかけるだけ!これが馬鹿になりません。一袋丸々食べるというとかなりの満腹感になります。
食費と雑費を切り詰めます
中華そばとご飯をソースで炒め合わせて具のないなんちゃってそばめしを大量に作り、1食分ずつ冷凍しておいて、お弁当や休みの日の昼食などにも流用します。
モヤシが最終兵器
家族も、もやしが出始めると、「あ、金欠なんだな。」と理解してくれているので、文句も言わず食べてくれています。
お金がない時の過ごし方
給料日まであと1週間で財布の中はわずか1000円のみ。こんな時は、どう生活をすれば乗り切れるでしょう?私なりの節約術を紹介させていただきます。