お金がない時の過ごし方

給料日まであと1週間。

 

財布にはわずか1000円のみ。

 

こんな時は、どう生活をすれば乗り切れるでしょう?

 

あくまで、独身時代のお話、お米のストックはあるものとします。

 

まず、家中を探します。

スポンサーリンク

どこかに小銭でもあれば儲けものです。

 

私は玄関のネットスーパー用の封筒の中から、五百円見つけたことがあります。

 

それでも見つからなければ、今度は1日、110円で過ごす方法を考えます。

 

まずは食事の節約です。

 

仕事のある日のお昼は、お米を炊いて、おにぎりのみです。

 

朝ごはんもできればおにぎりのみ。

 

夜はさすがにそれでは寂しいので、スーパーで、1袋30円くらいのもやしを買いましょう。

 

値段次第ですが、卵もいいですね。

 

もやしと卵の塩コショウ炒め、おいしいです。

 

それをおかずにご飯2杯は食べられます。

 

毎日もやしでは飽きるので、3日目くらいからはキャベツを半玉買い、卵キャベツ炒めに変更しましょう。

 

キャベツ半玉なら、2日分くらいありますよね。

 

その間、ストックのお米を食べ切らないように注意して下さい。

 

会社の飲み物は、もちろん水筒持参です。

 

ランチに誘われたら、ダイエット中だからとでも言って誤魔化しましょう。

 

あと2日で給料日、ここまできたら、もう一安心です。

 

財布には400円くらいまだありますね?

 

スーパーで、袋ラーメンと、ここでも活躍、もやしを買いましょう。

 

もやしと卵の入ったラーメンです。贅沢ですね。

 

残ったスープでご飯を入れて雑炊もおいしいです。

 

心豊かに、給料日を迎えられることでしょう。

 

ただそういう時に限って、会社で結婚する人がでたりして、お金の徴収がないことを祈りましょう。

 

お金がない時の過ごし方関連ページ

やはりお米に頼ります
まずお酒やタバコ、コーヒーなどの嗜好品は、寂しいですが少しの間お別れしましょう。大丈夫、またすぐに出会えます。
お金がないときは男のもやし料理!
手間はかかりません。もやしを茹でてポン酢をかけるだけ!これが馬鹿になりません。一袋丸々食べるというとかなりの満腹感になります。
飢え死にしないために(パンの耳)
50円の対価を支払うだけで、私は10日は生きてられます。パンの耳というのはどんな組み合わせにもマッチし、おまけにボリュームがあります。
食費と雑費を切り詰めます
中華そばとご飯をソースで炒め合わせて具のないなんちゃってそばめしを大量に作り、1食分ずつ冷凍しておいて、お弁当や休みの日の昼食などにも流用します。
モヤシが最終兵器
家族も、もやしが出始めると、「あ、金欠なんだな。」と理解してくれているので、文句も言わず食べてくれています。