お金がないときは男のもやし料理!

僕はお金がない時には、もやし料理で命をつなぎます。

 

もやしは他の食材に比べ、スーパーで一袋19円という破格の安さです。

 

だからといって10袋も買ってはいけません。

スポンサーリンク

もやしはすぐに悪くなってしまうので、もってもせいぜい2日ぐらいです。

 

なので私は3袋までと決めています。

 

それ以上かっても悪くなって捨ててしまうからです。

 

ここからが男のもやし料理のレシピです。

 

なぜ「男の」なのかといいますと、ただ豪快でシンプル、悪く言えば大雑把な料理だからです。

 

手間はかかりません。

 

もやしを茹でてポン酢をかけるだけ!

 

これが馬鹿になりません。

 

一袋丸々食べるというとかなりの満腹感になります。

 

ポン酢で飽きてしまったら、麺つゆ、キムチの元などなど・・・バリエーションは増やせます。

 

はじめはこれで食いつないでいたのですが、さすがに限界がきて外食したくなってしまいます。

 

そこで一工夫です。

 

たとえば安い冷凍うどんやインスタントラーメンに一袋のもやしを入れる。

 

とにかく安い主食にもやしを一袋使うのがコツです。

 

これで、いつもなら物足りなくて食べ過ぎてしまう夕食も、お腹一杯にすることができるからです。

 

お金がないときはもやし!

 

これが僕のお金がないときの節約料理です。

 

お金がないときは男のもやし料理!関連ページ

やはりお米に頼ります
まずお酒やタバコ、コーヒーなどの嗜好品は、寂しいですが少しの間お別れしましょう。大丈夫、またすぐに出会えます。
飢え死にしないために(パンの耳)
50円の対価を支払うだけで、私は10日は生きてられます。パンの耳というのはどんな組み合わせにもマッチし、おまけにボリュームがあります。
食費と雑費を切り詰めます
中華そばとご飯をソースで炒め合わせて具のないなんちゃってそばめしを大量に作り、1食分ずつ冷凍しておいて、お弁当や休みの日の昼食などにも流用します。
モヤシが最終兵器
家族も、もやしが出始めると、「あ、金欠なんだな。」と理解してくれているので、文句も言わず食べてくれています。
お金がない時の過ごし方
給料日まであと1週間で財布の中はわずか1000円のみ。こんな時は、どう生活をすれば乗り切れるでしょう?私なりの節約術を紹介させていただきます。