気分転換になるティッシュ配りのアルバイト

日雇いアルバイトにて、ティッシュ配りのアルバイトを一日だけ行なった経験があります。

 

アルバイトを始めたい、お金が欲しい、けれどもわざわざアルバイトを始めてしまうとその後の生活に支障が出る、定期的に働けない、暇な時にだけ働きたいといった人に日雇いアルバイトはお勧めです。

スポンサーリンク

私が行なったティッシュ配りのアルバイトは、インターネットで見つけました。

 

ティッシュ配りのアルバイトは、単に街頭に立ってティッシュを配ればよいだけです。

 

5時間程度立っており、日給は5000円、ほどほどに悪くない賃金だと思いました。

 

配ったティッシュは、某有名企業のティッシュでした。

 

こういったアルバイトはさぼりや、ティッシュの廃棄などを防ぐために二人一組で行なう場合が多いようなのですが、私ももう一人のアルバイターと組まされました。

 

当時の私は学生、相手も学生だったのですが随分と派手な恰好をした女性でした。

 

金髪であり、ティッシュを配るだけだというのにコスプレみたいな派手な服装をしており、寒そうなミニスカート、それにカラコンまで入れており気合が入っているなあと驚きました。

 

季節は冬、私は普通の私服であり、寒さ防止のために沢山着込みましたね。

 

トイレに行く時は、相手に一言声を掛けてからトイレに出向き、なるべく早く戻ります。

 

ティッシュをなるべく早く消費するために、どんどんと人にティッシュをつきつけていました。

 

中年以降の女性ですと、節約を考えるためなのか自らティッシュを受け取るために手を差し出してくれましたし、中にはもっと頂戴、なんて沢山のティッシュを持って帰る女性もおりました。

 

通行人に、沢山のティッシュを頂戴、と言われた時の対処については説明されなかったために、折角貰ってくれるんだから、と希望をするだけティッシュを渡していました。

 

中にはティッシュを差し出すと、嫌な顔をされてしまう事も。

 

実用性のあるティッシュをどうして受け取らないのだろう、と節約家の私は不思議に思いましたね。

 

一日だけのアルバイトですので、刺激になりますし賃金も満足が行く賃金であり、色々な通行人を目にして人間観察もでき、スキルにはなりませんでしたがいいアルバイトでした。

 

気分転換になるティッシュ配りのアルバイト関連ページ

内職のリボン結び
できあがったリボンと引きかえに加工賃を即金でいただけるのが何より魅力なので、お金に困った人にはおすすめしたいところですが、向き不向きがあるかなと思います。
お金がない時のアルバイト
試験監督のアルバイトで何がいいかと言うと、給料がだいたい日払いなところと、大体日曜日にあるので、大学の授業をサボる必要がなく、それにほぼ毎週どこかの模試などの求人があることです。
住宅展示場のアルバイトで女子として敗北
大学時代の年末年始に住宅展示場でアルバイトをしました。年末年始というバイト代が高騰する時期の中でも高い時給だったため、友人の一緒に応募しました。
文字どおり美味しいバイト
今までに経験したバイトの中で一番おいしいバイトは、パン屋さんのバイトでした。バイトに入る以前からそこのパン屋さんにはよく通っていて、お昼に食べるパンや翌朝に食べるパンなどを帰りに買ったりしていました。