過払い金請求が長引いたら

過払い金請求の訴訟、調停などは通常なら2〜3ヶ月で終わります。

 

ですが時には半年くらいかかることもあります。

 

よくあるのは、過払い金が発生しているか取引履歴を開示してもらって調べますが、業者が拒否したり、一部しか開示しないことです。

理由は、3年〜10年をすぎた場合は保管期限をすぎたため、教えることが出来ないのです。

 

ですが金融庁の事務ガイドラインでは開示には応じなければならないとなっていますから、悪質と感じた場合は監督庁から指導をしてもらいましょう。

 

また個人で過払い金請求を進める場合も長引くことが多くなります。

 

個人でするとどうしても知識不足になりますから、貸金業者も強気に出てくるのです。

 

そのため不利な条件になるように進めたり、遅らせたりすることがあります。

 

過払い金請求の返還に時間がかかるなら、やはり弁護士や司法書士などに依頼しましょう。

 

逆に和解になる場合も有ります。

 

ただ和解といっても過払い金は一切支払われず、発生していても伏せてしまうのです。

 

つまり、取引履歴の開示を請求し、過払い金が発生していることが判明する前に和解してしまうのです。

 

このときは同意せず、引き直し計算をしてから進めるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る