過払い請求の流れ記事一覧

過払い金が返ってくる、と謳ったCMを目にした事があるかもしれません。かつてグレーゾーンと呼ばれていた金利は現代において通用せず、過剰な返済を強いられてきた方は過払い金が発生しているる可能性が高いです。利息の分といって侮ることはできず、借入金によっては過払い金の合計はかなりのものとなるでしょう。

過払い状態に自分がいるかどうかは、借りていた期間や借入額から大まかなところが見えてきます。あくまで一つの目安ですが、長期にわたって取引をしている場合は過払いが発生している可能性が高いです。ただ過払いが発生しているだけでなく、額が大きくなっているかもしれません。

過払い金は請求したからと言ってすぐに取り戻せるものでもありません。それなりに手続きがありますし、弁護士や行政書士らの力が必要なこともあります。では過払い金が返還されるまではどのような流れがあるのでしょうか。

弁護士というと、あまり身近な存在に感じないかもしれません。仕事で付き合いがある場合はまだしも、日常生活に弁護士が近い環境というのはあまり好ましいとは言えないでしょう。法律関係のトラブルが生じているから弁護士が必要となるわけで、時には賠償なんて言葉が飛び出す可能性もあります。

取引履歴を調べると過払い金が発生しているかどうかということは判明します。取引履歴は借りた日、返した日が記載されており、保存するよう法律で義務付けられています。保存期間は3年となっていますが、上位の法律である商法では10年とされています。

調査によって過払い金が判明し、訴訟と調停を起こすということは多いようです。訴訟と調停とはどう違うのでしょうか。聞かれて説明できるでしょうか。この2つの違いは、判決を下すか話し合いになるかということです。

過払い金の請求は自分でも行うことは出来ます。確かに専門知識もいりますし、一見難しいように思えるのですが、知識を身につければ自分でもできるのです。過払い金を取り戻すためには計算をしたり、書類をたくさん用意して書いたり、法律を学ばなければなりません。

過払い金請求をしたとき、何が起こるのでしょうか。まず、過払い金請求を弁護士や司法書士に頼めば、あなたは何もしなくてもよくなります。しかも返還される確率は高くなります。

過払い金は借入額と取引期間から大まかに決定されるため、過去に大金を借りていた経験のある方や長期間の取引をしていた方は高額になる可能性があります。権利はあっても請求をしなければ過払い金が返ってくる事はないため、気付いた時にすぐ行動を起こしましょう。

着手金は無料の場合もありますが5万円前後が相場で、過払い金を回収できた金額の20%程が成功報酬となることが多く、経費は印紙代や切手代に、交通費などの実費が請求されます。過払い金が100万円だとすると、弁護士に支払う費用は25万円前後になる計算です。

過払い金の請求を司法書士に依頼した場合、どのようなメリットがあるでしょうか。司法書士は法律文章作成および党規に関する専門家です。ですからもちろんこれもメリットになるのですが、他にも・消費者金融からの取立てがストップする・過払い金に利子をつけて取り戻すこともできる・弁護士よりも報酬が安く済むということがあげられます。