過払い金について相談する

過払い金は借入額と取引期間から大まかに決定されるため、過去に大金を借りていた経験のある方や長期間の取引をしていた方は高額になる可能性があります。

 

権利はあっても請求をしなければ過払い金が返ってくる事はないため、気付いた時にすぐ行動を起こしましょう。

過払い金の請求はいつまでもできるものではなく、完済から10年で時効を迎えてしまいます。

 

自力でできない事はありませんが、消費者金融との交渉や過払い金の計算など、面倒な作業が多いです。

 

無料相談している弁護士・司法書士事務所は少なくないので、まずは過払い金について相談してみるのが最善です。

 

また、自分に過払い金があるかどうかの確認もしてくれます。

 

過去に借金をしていたから必ず過払い金が発生しているという訳ではありませんが、戻ってくる可能性があるなら相談して確認する程度の手間は惜しくありませんね。

まずは弁護士や司法書士に相談を

過払い金は改正貸金業法が施行される以前の借金について主に発生するものであるため、具体的な取引内容を覚えていない事もあるでしょう。

 

しかしサジを投げるには早く、まだ手は幾らも残されています。

 

何はともあれ、過払い金で困った時は弁護士や司法書士に相談するのが一番です。

 

過払い金は社会的に大きな注目を集めたため、多くの弁護士や司法書士が対策を始めて、多くの方が返還を済ませた事でしょう。

 

一時期に比べると勢いは落ち着きを見せていますが、過払い金を扱う弁護士や・司法書士は今でもいるので、まずは相談です。

 

人任せにするのではなく、まずは自分で考えたいという方もいるでしょう。

 

その場合は、まず自分で過払い金がどのくらい出るかを試算してみると良いかもしれません。

 

過払い金の計算に必要なものは弁護士でなくても用意できるので、計算方法さえ知っていれば試算は可能です。

 

過払い金という言葉が示すように、多く払ってしまったものを取り返そうというものです。

 

ただし多く払ったもの全てに対してではなく、利息制限法の上限よりも高い金利で借りていた場合に過払い金の返還が請求できます。

 

金利は適法なものだけど返済期間が長期間になって多く払った、という場合に過払い金は発生しません。

 

ただ、いわゆる消費者金融と呼ばれる場所で借金をしていた場合は金利が高かった可能性が高く、過払い金にも期待できるでしょう。

 

自分で確認する事も可能ですが面倒だという時は、弁護士や司法書士に相談してみるのが簡単です。

ページの先頭へ戻る