過払い金返還請求訴訟と調停の違い

調査によって過払い金が判明し、訴訟と調停を起こすということは多いようです。

 

訴訟と調停とはどう違うのでしょうか。聞かれて説明できるでしょうか。

 

この2つの違いは、判決を下すか話し合いになるかということです。

過払い金御返還請求訴訟が行われるのは裁判所です。

 

過払い金の金額によって種類も変わり、140万以上なら地方裁判所、それ以下なら簡易裁判所になります。

 

裁判のため、原告となる債務者と、消費者金融などの債権者の主張を聞き、裁判官が判決をくだします。

 

判決に不服があっても従わなければなりません。

 

ですが強制的に行われず、交渉が穏便にすすめば和解という結果もありえます。

 

過払い金返還請求が調停で行われるのは簡易裁判所での話し合いの場合です。

 

一方にでも不服があれば調停は成立せず、長い期間戦わなければなりません。

 

それを防ぐためにも弁護士や司法書士などに依頼するのがいいでしょう。

 

また訴訟と調停は費用にも違いがあります。

 

過払い金返還請求の申し立てには収入印紙が必要ですが、調停の場合は訴訟の半額になります。

 

このように、調停と訴訟にはちがいがあるのです。

過払い金と裁判所

裁判所は色々ありますが、科払い金の返還訴訟や調停の場合はどこに行けばいいのでしょうか。

 

訴訟の場合、140万円以下なら簡易裁判所となり、140万円以上なら地方裁判所になります。

 

また地方裁判所の場合、代理人となれるのは弁護士のみです。

 

もう一つの簡易裁判所は弁護士、司法書士、どちらでも可能です。

 

調停の場合はどのような場合でも簡易裁判所です。

 

また裁判所の場所は、過払い金返還請求訴訟の原告となる債務者の住所地管轄の裁判所となります。

 

消費者金融からもらう約款には、訴訟のときは消費者金融の本店所在地管轄の裁判所、とあるのですが、法律には定められていませんので無効となります。

 

つまり、過払い金返還請求は債務者の住所地管轄の裁判所でいいのです。

 

裁判になったときのために、あらかじめ自分の住所地管轄の裁判所を確認するといいでしょう。

ページの先頭へ戻る