司法書士に過払い金請求を依頼するメリットとデメリット

過払い金の請求を司法書士に依頼した場合、どのようなメリットがあるでしょうか。

 

司法書士は法律文章作成および党規に関する専門家です。

 

ですからもちろんこれもメリットになるのですが、他にも

 

・消費者金融からの取立てがストップする
・過払い金に利子をつけて取り戻すこともできる
・弁護士よりも報酬が安く済む

 

ということがあげられます。

弁護士にかかる費用と同じくらいかかることもありますが、探せば安く押さえられるところもあります。

 

ですがデメリットもあります。

 

・140万円以上の過払い金の場合は取扱できない

 

・法務大臣から認可されており、司法書士会から認定されていなければ受けられない

 

ということです。

 

141万円以上の過払い金の場合は弁護士しか取り扱うことは出来ません。

 

裁判所が違ってくるからです。

 

また誰でもできるわけでは有りませんから、司法書士に依頼する場合は対応がきちんとされている司法書士を選ぶようにしましょう。

過払い金請求の際に心掛けたい事

過払い金請求をする際は色々と心がけておきたいものです。

 

まず、過払い金は実際にあるのかどうかを調べなければなりません。

 

調べるには、返済をどの位しているのかをまず知る必要がありますので、消費者金融などに開示請求をします。

 

個人で請求しても開示してくれない場合もありますから、プロに頼んだほうがスムーズに行くでしょう。

 

そのためには信頼できるプロの弁護士や司法書士を探しておくことです。

 

もちろん自分で過払い金請求することも出来ますから、必ずしもプロの手を借りなければならないわけではありません。

 

ですがプロに頼んだほうが知識もありますので、スムーズに行くことは多いでしょう。

 

また書類も準備しなければなりません。

 

内容証明郵便、書留、FAXを使うことを忘れないようにしましょう。

 

また業者によっては過払い金だけではなく、訴訟の取り下げ、債務者が何も知らないことにつけこんで不利益な和解契約を締結しようとすることもあります。

 

交渉の際は書類などを確認し、毅然とした態度で臨みましょう。

ページの先頭へ戻る