お金がない時にすること

お金、特に現金がないときは非常に困ります。

 

そういう時に限って、現金での支払いが増えたり、現金でしか買えない店で買物をしなければならなかったりします。

 

そんな時はどうするかというと、私はまず、定期預金を解約します。

人によっては、コツコツ貯めている定期預金を解約することに対して抵抗感があるかもしれませんが、でも、考えてみてください。

 

現在、定期預金の利息は非常に低くて、10万円預けてもよくて数十円にしかなりません。

 

そのため、私は定期預金は利息を得るものではなく、「いざという時に、いつでも使えるまとまったお金」と考え、お金、特に現金がないときに使うことにしています。

 

もちろんすべての定期預金を使うわけではなく、現金が急に必要になった時のための定期預金を用意して月々積立貯金をしています。

 

今、お金に困っているのに無理をして借金をするよりも、あるところから使ったほうが、余計な利息を使わずにすみます。

 

急な出費で使ってしまった定期預金のお金は、またコツコツと積立定期で補填したり、別にもっている株などの投資でマイナス分を補填するようにしています。

 

これまでのように、こつこつ貯めるだけで資産が増える時代は終わり、お金に関しても新しい考え方に切り替えていくことで対応していかなければならない時期にきているのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る