飢え死にしないために

私がお金がないときに取る行動は、節約料理を作ることです。

 

家の近所に個人経営の小さなパン屋さんがあるのですが、そちらではパンの耳の袋詰め300gをタダで持ち帰ることができます。

 

パン屋さんのご主人とは顔見知りなので、300g程度なら気兼ねなく持ち帰らせてもらえるのですが、900g以上の持ち帰りは50円取られるようになりました。

ところが50円の対価を支払うだけで、私は10日は生きてられます。

 

パンの耳というのはどんな組み合わせにもマッチし、おまけにボリュームがあります。

 

主に料理に使うのですが、例えば業務用スーパーで買い溜めしておいたコーンポタージュをパンの耳を浸し、粉チーズをふりかけてチンするとグラタンになります。

 

牛乳と『フルーチェ』を買っておくと、あっというまにスイーツのグラタンに様変わりします。

 

業務用スーパーで売っている激安の鶏挽き肉少量と、大量のちぎったパンの耳と混ぜて焼くと、ボリュームたっぷりのハンバーグが完成します。

 

パンの耳を入れることで鶏肉もジューシーになり、フワフワの食感を楽しむことができます。

 

また、小腹がすいておやつを食べたいときには油でカラッと揚げると、おいしいスティックになります。

 

このようにして給料日前を切り抜けています。

ページの先頭へ戻る